バイク王が業界ナンバーワンになれた理由は、この業界で先駆者的な存在になる事が出来たからと考えても良いでしょう。それまではバイクを売るという考え方はほとんどの人が無くて、用済みになると販売店で引き取ってもらうという事ぐらいしかありませんでした。買い替えるという場合には、どこの販売店でも応じてくれるという事があったのですが、処分という事になるとなかなかこれをしてくれるところも無くて処分に困るという人も少なくはありませんでした。

 

そのような状況をビジネスチャンスにしたのが、この会社という小仁所になるのかもしれません。

この会社の凄い所は、それを全国的な知名度アップと合わせて信用獲得もしていったという事にありそうです。

というのが、実は先駆者的な存在で、今まで無かったサービスですから、利用者はなかなか信用することが出来ないという事があったわけ。

バイクを売るという時には個人情報も合わせて出すという事になるので、これには信用もしてもらわなければならないという事があって、この信用獲得にバイク王が考えたのがテレビCMだったという事が言えそうです。

知名度が上がれば信用が上がるという事を考えたわけですが、それにコマーシャルを利用することでの知名度戦略というものをしたわけです。これは極めて上手くいきました。

というのが、新しいサービスを知るということにもなりましたし、知名度が高くなったことで、知っている会社という事にもなったわけです。

そうなると個人情報を出すような契約であってもまず大丈夫だろうということになります。

 

これが他のバイク買取業者とは大きな違いという事になりました。

買取価格が高いという事もあったのですが、これについてはなかなか証明する事は出来ないので、噂程度に高いという事がささやかれるというぐらいですが、信用というのは、まずは名前を知ってもらう事が無ければ出来る事もありません。

そのため、テレビという極めてすぐれたメディアを選択したのは大きな意味があったと考えられます。

全国的に名前が知られる会社ということになれば、まず迂闊な事は出来ません。それは忽ち会社の致命傷となるものですから、これがある意味では良いプレッシャーとなったという事も考えられなくもありません。

バイク王の社員は良く教育がなされているという事も言われていて、接客態度も高い評価を獲得しているという事もこうした事の表れという事になるのかもしれない。

社員が不埒な行動をしたりするようになると、その評判は今のネット社会では一気に広がるということになりますから、そこから会社の信用が失墜するという事もあり得るわけです。

 

普通は会社の信用というのは長い実績によって得られるものではあるのですが、この会社の場合は一気に知名度を上げるという事をしましたから、一気に仕事が増えたという事にもなるはずですが、それでもサービスの質を落とすことなくレベルを上げ続けたという事が凄いという事になるのかもしれません。

そうなると、先駆者的な存在ですから、あっという間に業界で市場を拡大していく事になり、この業界ではナンバーワンの実績を上げるまでになったというわけで、これが如何に凄いのかというのは、今でも競合他社が同じようなサービスの提供が出来ていないという事がある事を見ても分かります。

 

 

知名度を急に上げて業務を拡大し、大きく成長しながら社員の質も向上させるという事は極めて難しい問題で、そう簡単に出来る事ではありません。特に社会を育成するというのは極めて難しい所で、組織が急拡大したところでは、大抵の場合は質が下がってしまうという事が起きるのですが、それをしないで逆にレベルを上げてきたというのがこの会社の成長理由という事になるのかもしれません。

バイクの買取はお客さんに直接接するという事がありますから、極めてデリケートで難しい交渉が必要になるという事があります。

これをこなすにはマナーも必要ですし、知識も必要になる事はいうまでもありません。

つまり、一朝一夕で出来るような事では無いという事なのです。特にこの業界は新しいということがあるので、サービスの内容自体がなかなか理解できないし、どのように利用するのかも分からないという人も少なくはありません。

バイクを売るというような事をすることなど初めてという人がほとんどでしょうから、そのような人達に位置から説明をするという事はしっかりとした社員の教育が出来ていなければ出来る事ではないのです。

一見簡単そうに見える事程、難しいという事はよく言われることですが、こうした人に対する応対が出来るという事は極めて難しいという事が言えるはずです。

何しろ愛車の値段を言われるという事は、自分のこれまでのメンテナンスなどのやり方のダメ出しをされたように感じる人もいるでしょう。

 

その場で値段に文句を言う人も当然要るわけで、そうした人達にも不快にさせる事無く対応することが求められるのです。これが如何に難しいのかは想像に難くありません。